誰も教えてくれない「離婚の準備」って何をすればいいの?

できることなら避けたい「離婚」。
でも様々な事情で避けられす、やむなく離婚を決断することになった場合、なるべくならば精神的にも金銭的にも最小限の傷で済ませることができたら嬉しいですよね。
万全の準備をした上で心おきなく離婚するためには、いったいどのような備えが必要なのでしょうか?
具体例を上げながら解説していきます。

お金のこと

妻より夫の収入が多い場合、離婚後に真っ先に襲ってくる現実的な問題の一つがお金の問題です。
現状、パート勤務や専業主婦の場合は今後フルタイムの仕事に就くことを考えなければなりません。
実際に就職をしてからの離婚が理想的ではありますが、必要なスキルを身につけるための資格取得だけでも早めに開始しておけばいくらか安心でしょう。
もし離婚の理由が夫の不貞など相手の有責によるものであれば、慰謝料をとることも考えておいたほうがよいかもしれません。
いきなり離婚を言いだすのではなく、弁護士や司法書士などの専門家に事前に相談をしておけば、手順を間違わず立ち回ることができるでしょう。
また、婚姻期間中に築いた共有財産や年金についても額を把握しておくことが必要です。
子どもがいる場合は養育費、そしてシングルマザーになった後に受けられる生活の支援や助成金についても、役所に出向いて窓口などで詳しい話を聞いておけば安心でしょう。
新居を構えるための貯金も必要です。

精神的な自立は可能か考える

今まで夫婦2人で暮らすことに慣れていたため、いくら離婚するほどの辛い出来事があったとはいえ、1人ないし子どもと自分だけの生活に移行すると、少なからず淋しさを感じてしまうというリスクは大いに考えられるでしょう。
せっかく結婚の呪縛から解放されても、精神的に不安定になって幸せを感じられなければ本末転倒というものです。
そこで、離婚する前から、離婚後に精神的に頼れる場所を作っておくことをお勧めします。
まず一番に考えられるのは、実家です。
両親との関係が良好な場合、これほど信頼し精神的に癒しとなってくれる存在は他に無いでしょう。
実家での同居、もしくはすぐに行ける距離に住むことが望ましいですが、仕事などの関係で難しい場合は「離婚しようと思っているけど、落ち込んだら電話してもいい?」など、事前に話をしておくことで安心感が全く違ってくるでしょう。
友人を頼るのも選択肢としてはアリですが、友人には友人の人生があるため、あなたを最優先にはできないことを分かった上で期待しすぎない程度の関係を保つ方がよさそうです。

子どものこと

子どもがいて離婚をしたい場合、一番気がかりなのは「親権をとることができるか」ではないでしょうか。
一般的には女性が親権をとるのに優位だとされてはいるものの、経済的な自立がまだされていない場合、本当に親権をとることができるのか不安に思う女性も多いでしょう。
その場合、経済的な面以外で、母親が親権をもつメリットについてアピールすることが効果的といえます。
夫よりも自分の方がいかに子どもに対して愛情深く接してきたか、精神的に安定して子どもを受け止めることができるか、子どもに割く時間はきちんと確保できるかといったことを説明できるようにしておきましょう。
また、何より子ども自身が母親と暮らしたいと思ってくれるように日頃からのコミュニケーションを大切です。

おわりに

いかがでしょうか。
これらの条件がクリアできれば、より具体的な住居の確保や離婚の切り出し方、話し合いの方法などについて考えていくとよいでしょう。
離婚には相当の労力が必要になりますが、現状の悩みから解放され、より幸せな人生のスタートにもなってくれます。
万全の準備で臨みたいですね。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。