離婚の準備について

離婚をしたい!
結婚している人なら誰もが一度は思うことではないでしょうか。
結婚したときはこんな人だとは思わなかった、浮気された、借金がある・・・など、離婚したい理由は様々でしょう。
でも、離婚となれば理由は違っても準備は同じです。
今回は、そんな「離婚しよう」と思っている方に、離婚するまでにしておくと良い準備についてご紹介します。

まとまったお金の準備

離婚するとなると、引越しをするなどまとまったお金が必要になる場合があります。
婚姻後の収入から作られた夫婦の共有財産ならば、半分はもらえるので、すでに貯蓄がある場合は心配ありません。
ただし、離婚を切り出す前に全財産を把握しておく必要があります。
離婚したいということがわかると、相手に財産の金額を教えないという場合があるからです。
あとから揉めないためにも、早めに確認しておくことが大切です。
結婚前からの貯蓄も何もないという場合は、すぐに貯め始めて少しでも多く貯蓄を作りましょう。

安定した収入を得られる準備

離婚となると、その後の生活は自分自身の収入でしていかなければなりません。
離婚したいけど収入が無いからできない、という声も良く聞きます。
継続した収入が見込める仕事がない場合、賃貸住宅を借りることも難しくなります。
自分が収入を得ていた場合は良いのですが、専業主婦、パートタイムの場合はフルタイムの仕事を見つけましょう。
フルタイムの仕事でも正社員での就業ができると、絶対ではありませんが安定感がかなり増します。
ブランクが長くて自信が無いという場合は、仕事に繋がるような資格を取得するのも一つの手です。
小さな子供がいて引き取る場合は、預け先の確保も必要ですね。

住まいの確保

もし現在の住まいにそのまま住む、実家に帰るなどができなければ、住む家を探さなければなりません。
場所選びや実際の物件選びなど、希望の物件がすぐに決まるとは限らないので時間がかかることも想定しておきましょう。
そのためにも賃貸を探す場合は、スムーズに探すために希望の条件を書き出しておくなど準備をしておきましょう。
お金も思いの他かかります。
家賃2ヶ月分、敷金、礼金、仲介手数料など家賃や諸条件にもよりますが、30万〜50万円はかかると思っておきましょう。

家族・友人への報告

家族への報告は早めが良いと思います。
それぞれの家族によって、賛成してくれた、反対されたなど色々な反応になるでしょう。
反対された場合は、早めに言うことで説得の時間が作れるということ。
賛成してくれた場合は、協力してもらえることはお願いできるというメリットがあります。
最終的には自分の判断が大切になると思いますが、離婚の時ほど家族や周囲の人の助言や支えがありがたいと思うことはありません。
細々とした事務的なことから、引越しなどの力仕事まで、離婚すると様々な事柄があります。
周りの人の協力を得られるならば、遠慮せずに協力してもらいましょう。
ただし他の人に頼ってばかりもいられないので、自立して生活していくという覚悟もしっかりと持っておきましょう。

夫との話し合い

財産分与の仕方、家財道具の振り分け。
子供がいる場合は親権はどちらにするのか、今後の面会方法等・・・。
これらが一番重要で大変かもしれないですね。

おわりに

いかがでしたか?
離婚の準備の基本的なことをご紹介しました。
なんとなく離婚までの準備のイメージが沸いたでしょうか。
まずは本当に離婚すべきなのか、それとも結婚生活を続けていくほうが良いのかしっかりと考えてから決めてください。
離婚は結婚よりも大変だと言われます。
結婚のときはハッピーな気持ちでできるので辛いことも楽しくできますが、離婚となるとそうはいきません。
そんな離婚の準備を少しでもスムーズに余裕を持ってできるように、離婚を決めたらなるべく早く取り掛かって、できることから少しづつ進めていくことが大切です。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。