話し合いで解決したい!「協議離婚」の手順とは?

一生一緒にいたかったけれど、どうしても一緒にいられないほどのすれ違いが生じてしまった・・。
「離婚」が避けられないものとなったそのとき、可能ならば裁判などで争うのではなく、なんとか穏便に話し合いで折り合いをつけられればと思いますよね。
その話し合いによって離婚の諸々を取り決めするのが「協議離婚」であり、実は離婚の9割にも及びます。
では、実際にはどのような手順で手続きが進められるのでしょうか?

条件の話し合い

一言で「離婚」と言っても、離婚するまでにはとりきめなければならない条件、項目がたくさんあります。
財産をどのような割合で分割するのか、家財道具はどれを誰が持っていくのか。
年金の分与はどのように行うのか。
子どもがある場合は、親権はどちらがもつのか、どちらが引き取り育てるのか。
離婚後の子どもとの面会の頻度、時間はどうするのか。
離婚の原因が夫婦どちらかの異性関係であれば、慰謝料はいくらなのか、手渡しか振り込みか、給与を差し押さえるのか、一括か分割払いか・・。
別れたい、できればもう会いたくも無い相手と、延々と現実的な問題を話し合わなければならないのは、かなりの苦痛をともなう作業になることが考えられますが、なんとか話し合いで条件を決めることができれば、裁判で争わずに済むので、踏ん張りどころだと言えるでしょう。

離婚協議書の作成

話し合いによって諸々の条件が決定しても、それがきちんとした形で残っていなければ、その通りに約束が遂行してもらえるとは限りません。
そこで次に行われるのが「離婚協議書」の作成です。
離婚後にトラブルがおきないよう、話し合いで決まった財産分与、年金分割、親権、養育権、面会交渉権、養育費などについて詳しく記録を残します。
この離婚協議書を「公正証書」にし、強制執行をかのうにすることで、離婚後の無用なトラブルを避けることができるのです。
具体例を挙げるならば、取り決めの額の慰謝料の支払いをしなかった場合は、法的に相手の給与口座の差し押さえができるといった具合です。
特に子どもとの面会や金銭に関するような内容は、離婚後なぁなぁになってしまい泣き寝入りせざるをえない状況で苦しんでいる人もおおいため、話し合いは大変でも、頑張って内容を詰めておいた方が離婚後の気持ちとしては安心してすごせる部分が大きいと言えるでしょう。

離婚届を記入

こうして、詳細な条件がはっきりと明記されら離婚協議書を作成し、公正証書とした上で、ようやく離婚届の記入となります。
一方が「条件なんてどうでもいいから、とにかく早く別れたい!」と気を焦らせている場合、離婚届を先に書きたがることがあります。
しかし、それに応じて離婚届を記入してからいざ話し合いと思っても、相手と連絡がつかなくなってしまったり、急に大きな態度に出て話し合いが進まないといった大きなリスクもあるため、気持ちの上では辛いかもしれませんが離婚届の記入は最後の最後まで待った方が賢明と言えるでしょう。

おわりに

いかがでしょうか。こうやって手順を見てみると、なかなか話し合いが思うように進まなかったり、離婚届を記入する時点で気持ちが揺らいだりとなかなかスムーズに進みそうになく思えてきてしまう部分も多いにあるのではないでしょうか?
しかし、何年もの時間や莫大な弁護士費用をかけて裁判を行うことを考えれば、5万円弱の公正証書作成費用のみの支払いで済ませることができる協議離婚は、二人にとってまだ負う傷が浅くて済む建設的な離婚方法とも言えるでしょう。
悔いのないように万全の態勢で臨み、遺恨を残すことなく気持ちを切り替え、晴れ晴れとした気分で新生活を始めたいものですね。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。