どうしても悩んでしまう離婚後の再婚問題について

結婚よりも離婚の方がどうしても精神的な苦痛や肉体的な疲労を伴うので、離婚後の再婚となるとどうしてもためらってしまったり、慎重になってしまうのも無理はありません。

「もう再婚なんかしない」離婚したての頃はどうしてもそう思ってしまいますが、離婚した傷が治り今後の人生を考えた場合、再婚したくなる可能性の方が高くなると考えた時、再婚の基本やタイミングなどを知っておきましょう。

離婚後の再婚の基本やタイミングとは?

女性の場合は離婚後すぐに再婚は認められない

女性が離婚した場合、民法第733条により再婚禁止期間が決められており、離婚後半年間は再婚することを禁止されています。

一方男性は離婚が受理された瞬間から結婚することができますが、これは万が一女性が妊娠していた場合、前夫の子供か現在付き合っている彼氏の子供かどうかの判別がつかないため、このような法律が制定されいます。

現在ではDNA鑑定で父親を特定することができますが、離婚する前に夫婦間の関係が破綻しており、妻が離婚せずに他の男性と付き合っていても、その男性が認知することはできません。

離婚後300日以内に生まれた子供は元夫の戸籍に入ることになり、離婚穂200日以内に生まれた子供は離婚が成立した日から200日以内に生まれた場合、再婚後の夫の戸籍に入ることになっていますので、万が一離婚後再婚したい相手ができた場合には、注意が必要です。

再婚のタイミングは自分次第

再婚したいタイミングは各個人それぞれですが、これは自分の感じ方ひとつにかかってきます。

離婚したすぐ後は、お子さんがいる場合にはただ子育てに集中することに一生懸命で、何とか気がまぎれるかもしれませんが、離婚後ひとりの場合には精神的にも肉体的にも参ってしまうので、とにかくひとりになりたい・・・ひとりになった開放感を大切にしたい、そう思ってしまいます。

ですが、人はひとりでは生きていけないとよく言いますが、長いこれからの人生を考えてみた場合、ふと淋しくなり誰かと一緒にいたいと思うようになります。

改めて孤独を再確認した後は、なかなか孤独を楽しめなくなっていきますし、再婚したいほど大好きな人が現れたりと、再婚のタイミングは運命と自分の心次第とも言えます。

再婚するためのステップ

再婚したいならまずは自立から

離婚後実家へ帰り生活をしていた場合、まずは実家から一人暮らしをするようにしましょう。

離婚後実家の両親と暮らしていると、母親が炊事&家事をやってくれますし、自分も手伝うこともあるかもしれませんが、働いている場合どうしても心地よい実家から離れがたくなりますし、親の方も娘をどうしても頼ってしまいます。再婚したい相手ができた場合でも、親にべったりな関係を見た彼氏が「ここまでべったりだとこの先が思いやられる」と、結婚する意欲をなくしてしまう場合もあります。

まずは実家から出て自立し、再婚しやすい環境を整えることも大切です。

前回の離婚で悪かった部分を反省する

離婚の原因はさまざまですが、離婚は片方だけが一方的に悪いと思い込んでいると、次に再婚した時も同じ事を繰り返してしまうかもしれません。

夫が全部悪いパターンもありますが、前回の結婚生活で自分の至らなかった原因を反省し、次の恋愛や再婚に活かすことができた場合、前回の結婚生活は決して無駄ではなかったことにもなります。

子連れ再婚の場合には、子供の意思を慎重しよう

再婚したいと思う相手ができた場合、次に考えるのは「子供」の問題です。

自分や相手に連れ子がいた場合、自分が相手の子供と自分の子供を差別することなく子育てすることができるのか、子供達は再婚を本当に心から応援してくれているのか?など、まずは子供達の心や気持ちを最優先して考える必要があります。

そのほかかには、再婚後、自分の子供を今の夫と養子縁組すると、前夫から養育費がもらえなくなりますし、遺産相続からも除外されてしまいます。

もし前夫から養育費を受けたくない、縁を切りたいという場合には養子縁組をした方が良い場合もありますので、慎重に考えましょう。

おわりに

離婚はエネルギーを使い果たしてしまうほど過酷なものですが、良いタミングで再婚のチャンスが来たら、なるべく逃さないようにして、再婚の現実を押さえながら今度こそ幸せになりましょう。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。