離婚したいのにできない!どうしたらいいの?

どうしても性格や価値観が合わない、不倫やDVをされて、もう耐えられない・・。
様々な理由で、やむなく離婚を選択する人が増えている一方で、本当は離婚を望んでいるのに「離婚できない」人というのも、一定数存在しています。
なぜ離婚することができないのか、なんとか離婚する方法はないのか、具体的な例を挙げていきたいと思います。

子どもに反対されている

夫婦間では別れたいという結論に至っていても、子どもが両親と共に暮らしたい場合、離婚に強い拒否反応を示すケースは少なくありません。
特に、年齢が低い子どもの場合、両親の離婚のストレスから情緒不安定に陥ったり、体調を崩すような場合も。
それでも無理に離婚を強行することも不可能ではありませんが、子どもの気持ちを優先させてあげたいと願う場合は、我慢して婚姻関係を継続する夫婦もいます。
ただし、一方が子どもを邪険に扱ったり虐待じみた行動をとるような場合は、安全を第一に考えて速やかに距離を置くことが望ましいと言えるでしょう。

経済的な事情で別れられない

これは、離婚できない理由のなかでも多いケースです。
特に妻の生活が、夫の収入に依存しており、離婚後に妻一人では自立して生活していくことが難しいと予測される場合、夫婦関係が上手くいっていなくても離婚することができず、我慢して同居を続けている女性は多いでしょう。
資格を取得して就職の宛てを見つけたり、育児中であれば保育費用も準備する必要が出てきます。
経済的な問題に関しては、行政の補助金やひとり親家庭への女性が受けられる場合もあるので、1人で悩まずに専門家に相談するのが良いでしょう。

相手が離婚に応じてくれない

なかなか厄介なのが、気持ちの面でお互いの折り合いがつかず、自分は離婚したいのに相手がそれに応じてくれないケースです。
例えば働かない夫に金銭的に依存されている妻の場合、夫が「扶養義務」を盾に離婚を拒否すれば、法的にも妻が強制的に離婚をすることはかなり難しいと言われています。
もし、離婚を拒否している側が不倫を繰り返し行っているなどの「有責配偶者」である場合は、探偵等の協力のもと不貞行為の証拠をそろえることで、裁判によって離婚ができるケースもあります。
ただし、この場合でも相当な労力とお金が費やされることが予想されるため、行動に移す前に心折れてしまう場合も多く見られます。
この場合、荷物をまとめて別居してしまい、一定期間の別居の事実を作ることで多少は離婚の可能性をあげることもできるので、専門家へ相談してみると良いでしょう。

暴力や暴言、モラハラなどで支配されてしまっている

離婚したいのに、できないように言いくるめられてしまうのが「DV」です。
「別れたいと言ったら殴るぞ」といった直接的な脅しのほか「お前はダメな人間だから、離婚などできない。俺に頼らないと生きていけない」と洗脳するような言動を繰り返すなど、精神的に服従させるようなモラルハラスメントで相手を支配する場合も。
夫婦のみの対話では流れを打開することができないため、第三者を交えて話を勧めるのが効果的です。
夫婦カウンセリングや、協議離婚が望ましいですが、暴力が激しい場合は不可能なのでシェルター等を頼り、間に人を介して話をすすめるのがよいでしょう。

おわりに

いかがでしょうか。
結婚と違い、離婚は財産や年金、慰謝料、親権に養育費、離婚後の苗字など決めなければならないことが非常に多く存在します。
話し合いや交渉が難航することも多く、途中でくじけてしまうそうになりますが、新しい生活で幸せになるためにもここを乗り越えられるかが正念場になってくるでしょう。
1人で悩まずに、家族や専門家の力を借りて手続きを勧めるのが、有効な解決方法と言えそうです。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。