遊びのつもりの不倫が大変なことに。不倫の代償は大きい?

不倫は大抵の場合、軽い気持ちで誘いに乗ってしまったり、一方では不倫関係でも彼のそばにいたい♪といった純粋な気持ちで燃え上がっていたとしても、一旦不倫関係が相手の奥さんに知れてしまった場合、ごめんなさいと涙ながらに謝ったとしても、到底許してもらえるものではありません。

では、不倫がバレてしまった場合、どのようなことになるのでしょうか?

不倫を軽く考えている人は案外多い

最近では不倫を描いたドラマなどを放送していることや、女性の社会進出もあいまってか、探偵への依頼も以前は夫の不倫を突き止めたい奥さんからの依頼が多かったのに対し、現在では男女比も半々になり、夫からの依頼も増えてきている状態です。

とはいえ不倫は簡単に日常生活から脱出でき、まるで自分が昼ドラの主人公のようなドキドキした気持ちを味わうこともできるので、家庭や配偶者(夫・妻)へのイライラを解消するにはもってこいの事かもしれません。

ですが、不倫は一旦表沙汰になってしまった場合、自分達だけの問題では済まされず、配偶者や舅(しゅうと)姑(しゅうとめ)、自分の父・母までも巻き込んでしまい傷つけてしまうことにもなりかねないのです。

不倫をすることでふりかかる代償

不倫相手の配偶者から慰謝料を請求される

不倫関係になった時には、自分が慰謝料を支払う側になるとは思ってもみないかもしれませんが、慰謝料は精神的ば苦痛をこうむった側が、苦痛を与えた側に請求することができる権利ですので、請求されれは支払わなくてはいけません。

独身で相手が結婚していることを承知で不倫関係になった場合には、不倫の慰謝料の平均は100万から300万前後程度で、もし話し合いで折り合いが付かない場合には、裁判沙汰になることもあります。

裁判にまで発展すると慰謝料は下がりますが、裁判をして離婚したことが記録として残ってしまいますので、これから先の事を考えるとあまり得策ではありません。

社会的に信用がなくなる

不倫というのは一般的には許されない行為ですので、不倫が原因で離婚をした場合、社内でも噂になりますし場合によっては降格処分になる場合もあります。

特に古くからの友人関係や親戚などからの信用はガタ落ちになりますので、もしも社内不倫をしていた場合には、退職することになるでしょうから、自分が今まで培ってきた社会的基盤を失うことにも成り得ます。

不倫をしたことで精神的に参ってしまう

最初は軽い気持ちだっただけに、深く考えずに不倫を楽しんでしまいますが、一旦関係が表沙汰になってしまうと、相手の奥さんや自分の親までも傷つけてしまい、精神的に傷つけてしまいますし、傷つけることでうつ病などの病気になってしまうこともあります。

不倫が原因で離婚した場合には、慰謝料や養育費を支払い続けるという償いもできますが、本当に辛いのは不倫から夫婦関係をやり直すことになった場合です。 

出来心で不倫をし、本当に好きな夫や恋人を傷つけてしまい、相手が傷ついて苦しんでいるのを一番そばで見ていなくてはいけないのは大変に辛く、途中えくじけて離婚してしまう方も多いようです。

不倫はある程度の覚悟と割り切りが必要

男性はともかく女性の不倫がバレてしまった場合の代償は重く、夫の稼ぎが無くなる上に子供の親権を持った場合、母子手当てや養育費と自分の収入で子育てをする必要に迫られますし、独身の場合でも慰謝料を支払うというダメージを受けてしまいます。

不倫をしてまで失いたくない彼氏なら、まずは利離婚に向けて話し合いをきちんとしてもらう必要がありますし、ただドキドキ感が欲しいだけの不倫なら、相手との関係をすぐに清算できるようにしておいたり、相手に深入りしないようにするなど、ある程度距離を置いてのお付き合いをする必要があります。

おわりに

不倫を続けていくにはある程度の割り切りと切り替えが大切ですので、不倫を始める前に、お付き合いは半年のみなどのルールを決めるなどして、割り切ったお付き合いをしていきましょう。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。