夫の浮気が原因で離婚する場合、どうしたらいいの?

夫の浮気が原因で離婚問題にまで発展した場合、浮気をされていたことへのショックもありますが、離婚をすることで今までの生活が一変することになります。
現在正社員として共働きで働いている場合ならまだマシですが、子供がいたり今現在パートでしか仕事をしていない、または専業主婦の場合、生活の基盤を固めるにはこれから離婚に向けての話し合いが、今後の生活に大きく関わってきます。もうすでに離婚を決めている場合なら、少しでも有利に離婚を進めるためにスムーズに離婚を進める方法を知っておきましょう。

有責者から離婚の申し出はできない?

浮気やギャンブルなどの放蕩が原因で、夫婦関係が冷え切ってしまった場合、離婚原因を作った側から離婚の申し出をすることはできません。

法律用語では「有責配偶者」と言いますが、離婚の原因を作った側から離婚請求を突きつけてきても、現在自宅で共に生活をしてる場合、原則として有責者が離婚請求をすることは認められません。

もし夫が一方的に離婚しろと言ってきても、妻側が離婚手続きに応じない場合には離婚することができないのです。

もし夫が本当に離婚を望んでいるのなら、離婚することを条件として、自分の要求を通しやすくなりますので、泣く泣くすぐに離婚に応じないようにしましょう。

ただし、別居をして5年以上経っている実績がある場合には、有責者からの要請で離婚が認められる場合もあります。

もう一度だけやり直す努力をしてみよう

浮気をされて精神的にもダメージが大きいかもしれませんが、離婚を決めていたとしても、もう一度夫とやり直そうとする姿勢は大切です。

今まで以上に夫に尽くしたり、話し合いをして仲直りをしようと自分の方から切り出して、関係が修復されるならそれでもいいですし、もしも夫が跳ね除けるなら、離婚に向けて進むのみです。

やり直す努力をしている間や、夫が浮気していると感づいた時期などには、日記でもいいので毎日の気づきや、夫の言動を日記に記録しておけば、もし離婚問題でもめた時の証拠になります。

離婚の準備はまず浮気の証拠を集めよう

やり直す努力をしてみても、夫の浮気が原因で離婚したいと言われた、もしくは妻側の方から離婚を決意した場合、まずは離婚する原因となった浮気の証拠を集めておきましょう。

まず一番身近なのは、夫の携帯です。携帯電話というのは情報がぎっしり詰まっていますので、相手とのメールのやり取りや画像などをSDなどに移しておきます。

一応は夫の所有物ですので倫理的にはあまりよろしくはないですが、法律的にはそこまで問題にされません。

他にもカーナビの履歴やクレジットカードの履歴などを集めておいたり、相手と浮気をしている曜日や日時が分かっている場合には、短期間探偵に調査を依頼すれば、小額で詳しい証拠(画像・動画データなど)をそろえることができます。

証拠がある程度そろったら弁護士に相談を

離婚で弁護士に相談するなんて大げさなと思うかもしれませんが、夫の浮気をしている確実な証拠がある場合、離婚問題にくわしい弁護士に離婚の相談をするのが一番確実な方法です。

弁護士を雇うには着手金などのお金もかかってきますが、浮気相手や夫にも慰謝料請求ができるので、夫に対して離婚への本気度を知らしめたり、手続きをしてもらう上でも弁護士への相談はオススメします。

もしどこに電話をしたらいいのか判らない場合には、まずは法テラスに電話をして相談してみましょう。

離婚の意思が固まったのなら、自宅を出てしまおう

弁護士にまで相談している場合には、すべて弁護士に指示を仰ぐ必要がありますが、離婚に向けての準備が整い弁護士からOKが出たら、すぐに自宅を出て実家などに身をよせましょう。

置き手紙や電話で、「今後はすべて弁護士を通じてしか接触しません」と言っておけば、いがみ合ったり修羅場になることもなく、今後起こるであろう財産分与や親権問題などの話し合いにも無駄な時間を使わずにすみます。

おわりに

一度は一生一緒にいようと誓った間柄なのに、こんなことで離婚してしまうのはあまりにも切ないですが、離婚問題で長い時間苦しむよりも、次の自分の人生に時間を費やしたり、再婚も視野に入れつつ新しい人生に向けて歩んでいきましょう。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。