不倫や浮気はどこから?不倫や浮気の境界線について

浮気や不倫は周りからはあまり響きのいい言葉ではありませんが、一言で言う浮気や不倫はどこからが当てはまるのでしょうか。
パートナーの浮気に悩む人もいますが、何をしたら浮気だろ認識されるのかは人それぞれ違うようにも思います。

なので、境界線も人それぞれに違うので、答えは何通りか存在するのです。
パートナーが違うと認識していても、あなた自身が浮気だと認識する、または逆のパターンもあるかもしれません。

浮気や不倫はどこからなのか、いくつか挙げてみました。

パートナーには内緒で、異性と2人きりで会う

異性と2人で会うだけなら浮気とは言わないと言う人は多いようです。
お互いにパートナーにとって恋愛とは関係ない異性の友人がいる人もいるかもしれません。
なので、2人で合うのは問題ないと寛大な人が多いようです。
しかし、それを言わずに遊びに行くのは後ろめたいことがあるからと思う人も少なくはありません。

やましいことがないのなら、しっかりと誰とどこに行くのかを言うことができるはず。
パートナーの了承を得ることができればOKなのです。
その際にもしっかりとパートナーのことも考えれるようにならなければいけません。
ちゃんと報告したからといって、たとえ後ろめたい気持ちがなかったとしても不安に思う人もいるはずです。

カラダの関係を持つ

日本人にとっては、欧米の人のようにスキンシップが積極的ではないので、軽くキスをしたり、ハグをするという行為について抵抗する人もいます。
挨拶程度の一瞬のハグや握手くらいならいいと思いますが、必要以上にべたべた触ってくるのは、見ていていい気はしません。

遊びでも、パートナー以外の人とのキスは言語道断です。
見ていて嬉しい気持ちになる人は一人もいません。
ほかの人とキスはしてほしくはないものです。

キスで言語道断ならカラダの関係はそれ以上に駄目です。
カラダの関係もパートナーとだけだと考えるべきです。

パートナーではない異性の家に行き2人きりになる

または、自分の家にパートナー以外の男性を呼ぶこともすごく怪しまれます。
複数で遊びに行くならいいのですが、2人きりの状況で、何もないこともあるかもしれませんが、何があってもおかしくはない状況なので、怪しまれます。
本当に何もなくても、信用されないことがほとんどなのです。

パートナー以外の異性と2人で外泊をする

これで同じ部屋なら何があってもおかしくはない状況になります。
例えやましいことにならなかったとしても、十分に怪しまれるでしょう。

おわりに

パートナーが浮気や不倫についてどのように思っているかをしっかり話しておくと後々のトラブルにつながりにくくなるかもしれません。
そして、これはされたら嫌だなと思うことを自分がしないようにも心がけるといいかもしれませんね。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。