社内不倫が始まってしまう小さなきっかけ

不倫カップルの組み合わせで一番多いのが、自宅よりも長い時間を過ごすことが多い社内での恋愛「社内不倫」です。

悪い事とは知りながらも、ハマってしまったらなかなか抜け出すことが困難な社内不倫ですが、良くも悪くも背徳感がクセになったり、恋愛のいいとこ取りができることから、ついズルズルと関係を続けてしまう方も多いようです。

そんなドロドロになりやすい社内不倫は、一体どんな経緯で始まってしまうのでしょうか?

社内不倫はどちらから持ちかけているの?

社内不倫と聞くと、若い女性に触れてみたい、自分の男としてのプライドを満足させたい中年男性が、まだ若い自分の部下に関係を迫るといった図を思い浮かべますが、既婚者男性に不倫を持ちかけるのは、意外なことに女性の方からが多いという結果があります。

これは密かに想いをよせていた上司や同僚に、既婚者と知りながら思いつめた結果気持ちを伝えてしまうという背景があるようですが、この場合女性の方は本気、男性の方は据え膳食わねば・・・というような具合ですので、関係を持ったとしても関係がバレそうになったらすぐに関係を切ってしまうので、短期間で終わってしまいます。

かといって男性側から言い寄らないというわけではありませんので注意が必要です。

社内不倫が始まってしまう小さなきっかけ

会社内での飲み会や2次会

会社によって開催される飲み会が不倫の一番のきっかけになっていることはやはり多く、普段から一緒に仕事をしている時に「あの人優しいし仕事もデキてステキ♪」「いいカラダしてるよな〜」など、チラリと仕事中に考えていたり、仕事のグチやお互いを労わることで気を許しあいつつ、お酒も入り判断能力もいい感じで落ちてきた頃、隣りの席に意中の相手が座ったり、トイレですれ違うなどした場合、チャンスとばかりに相手を誘ってしまったり、勢いで手をにぎる、人によっては隠れてキスをしてしまうなど、背徳感やドキドキ感を感じているようです。

倦怠期の夫婦関係のせいで性欲が満たされない、彼氏がいない(いる場合も有り)、仕事ですれ違いが続いているなどのストレス要因がある場合、お酒の勢いで今まで感じていた垣根を飛び越えてしまうことも多くなり、一気に暴走していきます。

社内の運動会や社員旅行

会社で開催される運動会や社員旅行など、いつものマンネリした仕事から離れ、非日常的なことが起こるイベント事は、普段は仕事でしか話をしない相手と気軽に話ができたり、相手の思わぬステキな一面を見る機会も増えてくるので、いつの間にか好きになり不倫関係になる場合が多くあります。

特に奥さん公認の社員旅行は、仕事仲間同士とはいえ仕事から離れ羽を伸ばせる上、お酒も入り親しく話をするきっかけも多数あることから、きっかけになります。

教育係になって

新入社員や転職をした場合、入ってきた社員に対して教育係を付けるかと思いますが、新しい環境に馴染もうとしている相手をサポートし、時として厳しく仕事を教え、仕事やプライベートの悩みを話しているうちに、尊敬する気持ちや信頼関係を通り越し恋愛感情を抱いてしまいます。

これは新規プロジェクトで仕事を一緒に始めた時や、違う課に転属になった後、次第に親しくなっていく場合にも起こってきますが、相手を尊敬する気持ちが着火点になっていることから、上司と部下の不倫関カップルが多いのはこの事が要因となっています。

おわりに

社内不倫はささいな事から始まってしまうものですが、あこがれの気持ちから不倫関係にハマってしまうのは不倫の常套手段とも言えます。

不倫が始まる大きな原因は、性欲解消なども大きく関係していますが、普段奥さんや彼氏・夫に認めてもらえないという「認証欲求」が満たされていなことが原因に大きく関わっていますので、今のパートナーと自分の関係性は満たされているのかを、立ち止まって考えてみるようにしましょう。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。