不倫の果てに。どんな制裁が待っているのか?

軽い気持ちで不倫を始め「慎重に行動すれば不倫なんてバレない」とタカをくくっていますが、不倫はちょっとした事が原因でバレてしまうものです。
不倫がバレてしまった場合、さまざまな制裁を覚悟しておく必要がありますが、一般的には一体どのような制裁が待っているのでしょうか?

一般的な不倫の制裁方法とは?

慰謝料請求をされる

不倫がバレてしまった後、相手側(不倫相手の妻)に探偵などから得た不倫の証拠がある場合、もう言い逃れをすることはできませんので、相手側の弁護士を通じ、慰謝料請求をされる確率が高くなります。

慰謝料とは精神的苦痛を受けた側が、与えた側へ請求できる権利ですが、話し合いや慰謝料の相場によって金額は変わってきますが、平均的な価格でいうと100万〜300万は覚悟しておく必要があります。

もし自分が既婚者だった場合、自分の夫側も不倫相手へ慰謝料請求ができる権利がありますし、この不倫が原因で離婚することになった場合などには、慰謝料の金額も変わってきます。

また、慰謝料の請求期限は、不倫の不貞行為を知ってから3年と決められていますが、もし時効が過ぎていた場合でも、不倫した側が支払う意思がある場合、支払いを受けるのは違法ではありません。

もし不倫が発覚した後、相手の奥さんから慰謝料請求されなかったからといっても、不倫相手と別れ他の人と婚約した途端に慰謝料請求されたなどの場合もありますので、関係が暴露された時にきちんとした反省の気持ちを示しておく必要があります。

社会的な制裁

もしも不倫相手と同じ会社に勤務していたり、不倫相手と上司と部下の関係であった場合、会社の監督不行き届きや、社内不倫を改善して欲しいなどの内容証明を会社に送りつけられたり、不倫相手側の奥さんが弁護士を伴い会社の上に状況の改善を求めに来ることもあります。

こうなった場合、最悪な場合は解雇もあり得ますし、人事異動や転勤などがあったとしても、噂になりますし好奇の目に耐え切れず、自主退社を余儀なくされる場合もあります。

ただし、社内へ乗り込んできて不倫した証拠を撒き散らすなどの行為は名誉毀損にもあたりますので、くれぐれも気をつけておきましょう。

精神的な制裁

遊び・本気の不倫がバレてしまった場合、本人達はたいしたことないと思っていても、周囲にとっては大問題に発展することが多く、不倫相手の奥さんはもとより相手の親、自分の親まで呼び出され今後どうしていくのかの話し合いをすることになります。

不倫をしている本人達は、不倫をし始めた当初、こんな事態になるとは予測もしてないので、親や友人にまで不倫がバレてしまうことで、精神的な制裁を受けることになります。

大抵の場合、相手側が指定した場所(相手の自宅や弁護士事務所など)で話し合いを行い、慰謝料や接近禁止(付き合いをやめる、二度と会わないなど)の決め事をすることになります。

不倫の制裁での恐ろしい方法

上記で書いたのは、一般的な不倫の制裁方法ですが、なかには恐怖で凍りつくような制裁をしてくる場合もあります。

直接不倫現場に現れることも

不倫はバレていないだろうとタカをくくっていたところ、探偵に調査を依頼し行動をチェックされ、不倫の現場を押さえられることもあります。

デートでホテルを利用し出てきたら、相手の奥さんと探偵・義両親が待ち構えていたという事態もありますし、自宅前で張り込まれる可能性もあります。

法廷へ持ち込まれ不倫の証拠を持ち込まれる

慰謝料や別れたくないあまりに関係を切るのを拒否し続けた結果、相手側から裁判を起こされてしまう場合もあります。これはめったにないことですが、もし裁判の出廷を拒んでしまうと、弁護士を代理で出廷させない場合には、訴えを認めたことにもなりますし、裁判沙汰になったことが記録に残るので、今後の人生おいても不利になります。

裁判になれば慰謝料は下がりますが、記録に残ることを考えた場合、話し合いで解決した方が無難でもあります。

おわりに

不倫関係がズルズルと続いてしまうと、どうしてもワキが甘くなり不倫の証拠も残しやすくなりますので、不倫関係はなるべく短い期間(半年程度)で終わらせるのがベストです。
不倫はあくまでも遊びの関係と割り切り、本気にならない程度で済ませておくようにしましょう。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。