夫婦が喧嘩することの理由や意味、価値観の違い

夫婦と言ってももとは赤の他人、というか、誰しもが別の人格を持つ別の人間ですから、それぞれの価値観は違って当たり前。
しかも寝食を共にする夫婦の場合、ささいなことをきっかけに大きな衝突へと発展してしまうことも珍しいことではありませんよね。
お互い感情的になって、言わなくてもよいことを言ってしまうこともありますが、そもそもなぜ喧嘩してしまうのかを冷静に分析、観察してみると、今まで気づかなかったことが見えてくるかもしれません。
喧嘩の原因を考えてみましょう。

お互いの価値観が違う

ありがちです。
しかし、冒頭でも触れましたが、価値観など違っていて当たり前なのです。
それを言うなら、そもそも結婚する前に相手の価値観が自分のそれとどれだけ同じであるかを冷静に判断しておく必要がありますよね。(笑)
とはいうものの、結婚前に時を戻すことができない以上、今からできることを探すべきでしょう。
そもそも、どうして価値観の違う相手と結婚してしまったのでしょう。
その時は素敵な人に思えたから?
本当は気乗りがしなかったけどその場の雰囲気に流されて結婚をやめることができなかったから?
年齢的に焦っていたから?
独身でいることに対して周りから与えられるプレッシャーに耐えきれなくなったから?
いろいろ考えられますが、どんな理由があろうとも、最終的に決断したのは自分自身です。
これを踏まえておかないと、仮に今のパートナーと離婚して新しい誰かと新生活を始めたとしても、
結局はまた同じことを繰り返すでしょう。
相手の価値観がどんなに自分のそれとかけ離れていようとも結婚を決めたのは自分自身。
誘拐、略奪、監禁されて無理やり花嫁(或は花婿)にさせられたのでない以上、
現在の状況はすべて自分に責任があるということを自覚すべきでしょう。
喧嘩の原因を人のせいにしていては今もこれからも何も変わりません。
なぜなら、人は自分を変えることはできても人を変えることはできないからです。

食べ物の嗜好が違う

これは、放っておきましょう。(笑)
例えば、相手の健康を考えて体に良い健康的な食事をと、
毎日の献立にどれだけ苦心惨憺しても、本人が自発的にそれを受け入れなければ何の意味もありません。
たとえジャンキーなものが大好きなパートナーの体調を心配してのことであってもです。
極端な話、体を壊してはじめて分かることもあるでしょう。
病気になって初めて、妻の自分への気遣いが分かった、あるいは食べ物の大切さが理解できた、ということも大いにあります。
あなたのパートナーは、今まさにその境地へたどり着くまでの道程にいるのかもしれません。

子どもの教育方針が違う

これは、子どもに聞きましょう。
あるいは、子どもを交えて話し合いましょう。
教育を受けるのは子ども自身です。
親が叶えられなかった夢を子供に押し付けるのはやめましょう。

なんだかわからないけど、とにかく相手のやることなすことすべてが気に食わない

食べ方が汚い、結婚してから太った、脱いだ靴下を団子状態のままで脱ぎ散らかす、げっぷが大きい、などでしょうか?
結婚前は見えてなかったんですね。

おわりに

結局のところ、けんかの原因のすべての根っこには、相手を自分の思い通りにコントロールしたいという欲求があるわけですね。
自分が正しいと信じているからその分たちが悪いのですが、要するに相手が自分の言う通りにしないから腹が立つわけです。
あなた(君)のためを思ってアドバイスしているのに、どうして聞いてくれないの?
これはあなたのためなのよ?
そう思ったことがある人は多いはずです。
しかしこの、「あなたのため」が曲者です。
なぜなら本当は「あなたのため」ではなく「自分のため」だからです。
パートナーがなにがしかをしてくれないことによって(もしくはなにがしかをすることによって)自分に迷惑がかかるから、私の言うことを聞いてそれをやめてほしい(もしくはしてほしい)と心の底では思っているはずです。
その証拠に、げっぷが大きかろうが、価値観が違おうが、それが赤の他人の所業なら何も腹は立ちませんからね。
ところで、パートナーと自分は鏡のようなものですから、パートナーに許せない部分があるとしたら、同じものを自分が持っている可能性は大いにあります。
パートナーの稼ぎが悪いことに腹を立てているけれども、本当は低賃金のパートでしか働くことができない自分自身に腹を立てている、といった感じです。
そうやって相手の嫌なところを自分自身の抱える問題として掘り下げてみれば、これまでと全く違う発見があるのではないでしょうか。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。