夫婦喧嘩から離婚してしまう原因と解決方法

いつものように夫婦喧嘩をしていたところ「もうオレ達終わりだな、離婚しよう」と真顔で言われてしまっては、夫の腹はもう決まっているとみていいでしょう。

夫婦喧嘩なんてどこの夫婦でもやってることだし、まさか離婚にまで発展することはないと思い込んでいると、ある日突然離婚を言い渡されてしまうかもしれません。では、そうならないためにはどのような点に注意しておけばいいのでしょうか?

夫婦喧嘩になるよくある原因

相手の事を否定する言葉

夫婦喧嘩はいつも小さなことが原因になって起こる事が多いですが、ゴミ出しもしてくれない、靴下は洗濯機に入れてよなど、生活のこまごました不満から始まり、反応が薄い場合には、ゲームや漫画ばっかりで本当に子供っぽい趣味ね、センスが悪い、稼ぎが悪い、ブサイク・ハゲのくせになど、今そんな事まで批判しなくてもいいだろうという事まで持ち出して批判してしまいます。

特に容姿を攻撃されてしまうと、容姿面は自分ではどうしようもできない面が大きいので、余計に傷つけてしまい遺恨を残すことになります。このような批判を繰り返すことで、喧嘩も大きくなりお互いの関係に溝を作ってしまいます。

お互いの意見の押し付けや強要

夫婦関係を長年続けているうちに、私の方が強い・偉いと思い込んでしまい、いわゆる「鬼嫁」を自分の都合いい風に介錯し、夫を給料を運んでくる担当としか思わなくなり、妻である自分か子供は一番、最後は夫という風な家庭内カーストが敷かれていたり、自分の話ばかりで相手の話を聞かない、嫌がることを強要するような行為はDVにもつながります。

存在を無視する

夕食後のリラックスした時間帯に、夫が話しかけているのにテレビを観たまま無視したり、今日あった会社での出来事を話しているのに、適当な生返事で返すのは、大きなくくりでいえば無視と同じ扱いです。

人は無視をされると存在を無かったことにされたのと一緒なので、このような扱いをされるとムカついてくるので、喧嘩の大きなきっかけになることがあります。

生活するのには絶対欠かせない金銭的な問題

稼ぎが少ないことが不満だったり、稼ぎが多いのに貯蓄ができていないなど、お金に関することは生活に直接繋がってくるので、金銭面は喧嘩の原因になることが多くなってきます。

夫婦喧嘩で離婚してしまわないためには?

夫婦喧嘩をしても思いやりを大切に

喧嘩となると、どうしても相手を言い負かそうとしたり、自分の意見を押し通そうとしてしまいますが、喧嘩をしている時の精神状態は怒りで頭の中がグラグラと沸き立った状態になっているので、自分の余計な一言が相手をいかに傷付けているかに気づけず、その一言が離婚を考えさせるきっかけになっていても、気づけないまま翌日にはいつもと同じような日常生活を送ってしまいます。

夫婦喧嘩は共に生活を改善していくためにプラスになるように持っていかないと、結局は溝を深めるだけですので、相手の一言でムカッときたとしても、一呼吸置いて、自分が大人になるように努め相手を思いやる気持ちを忘れないようにしましょう。

相手の人格を否定しない

元々は片付けをしない事を注意した事が発端だったのに、喧嘩をしているうちに内容がスライドしてしまい「あんたのその顔が気に入らない」など、容姿面や趣味・会社への不満・両親や兄弟(姉妹)などの悪口など、その喧嘩には全く関係のないことまで持ち出してしまうと、取り止めがなくなるのでいつまで経っても喧嘩が収まらないどころか、しこりが残ってしまいます。

喧嘩をするなら絶対に相手から逃げない

喧嘩をすると無言になったり「もういいわよ」と喧嘩から離脱してしまうことがありますが、その逃げの姿勢は相手にとって「卑怯」以外何者でもありませんし、怒りのもって行き所を失ってしまいます。

お互いずっとイライラしっぱなしなしなうえ、問題も解決できないというムダな時間を過ごすことになりますので、ただ逃げるのではなく「今は時間が無いしもう少し冷静になれるように明日話し合おう」など、一言添えておくようにしましょう。

おわりに

夫婦喧嘩は誰しもする事と思いますが、ずっと一緒にいることで相手の事がかえって見えにくくなることもありますが、喧嘩はお互いの意見を分かり合うためにするもので、夫婦喧嘩はただ相手に勝つためにするものではありません。

自分の意見を押し通すのではなく、思いやりを持ちながら議論をするつもりで喧嘩をするようにしていけば、夫婦喧嘩で険悪なムードになり離婚問題まで発展することはなくなります。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。