既婚者の彼と不倫することのリスク

既婚者の彼との不倫、一体どんなリスクがあるのか具体的に理解している人は少ないのではないでしょうか。
今回は不倫をすると二人にはどのようなリスクがあるのかを紹介したいと思います。

女性側のリスク1

既婚者の彼と不倫する事で、女性側が一番リスクになる事は、ずばり「相手の奥さんや子供に嫉妬しなければならない事」が挙げられます。

既婚者の彼との不倫は、いつでも二番手でいなければならない為、彼の優先順位でも一番下の立場でいなければなりません。

何をするにも相手の家族が優先されるという事です。

最初のうちはそれでも大丈夫な女性が多いのですが、不倫の期間が長くなるに連れて嫉妬心は確実に高まります。

大切な記念日や行事ごとに家族を優先される事で、相手の家族への嫉妬に悩まされるようになるのです。

我慢する事の辛さや、一番になれない不満との日々は女性にとって大きなリスクとなるでしょう。

女性側のリスク2

好きな人だからこそ不倫関係でも我慢出来る、そんな女性にリスクとなるのが「結婚」という未来を簡単には描けない事です。

好きな人と結婚をしたい、子供を作りたいと思うのは女性ならば普通の事ですが、既婚者の彼が相手では「結婚」する事は出来ません。

言うまでもなく、まずは彼が離婚をしなければ彼とは結婚が出来ないからです。

しかし既婚者の彼が離婚するまでの過程はそう簡単なものではなく、離婚をするといいながら一向に離婚をしてくれないというパターンもよくある事です。

つまり既婚者の彼と不倫をするという事は、婚期がいつになるかも分からない状態で付き合っていかなければならないという事です。

出産の時期や女性の年齢を考えると、結婚や子供を望む女性には大きなリスクになる事は間違いありません。

男性側のリスク1

男性側の大きなリスクは、なんといっても「不倫がばれた場合に失うものが多い」のが一番大きいでしょう。

不倫がばれてしまえば、奥さんから責められ、両親や子供からの信用も一気に失う事になります。

万が一会社ばれした場合には、会社からの信用を失い会社に居辛くなったり、最悪の場合退職をしなければならない事もあります。

つまり男性にとっての不倫ばれは社会的信用を失う大変な問題です。

離婚を言い渡された場合には高額な慰謝料を払う羽目になりますし、子供がいる場合には養育費を払い続けなければならない等金銭的負担もかなりのものです。

ばれなければ大丈夫と考える男性が多いですが、もしもの場合にしっかりと責任を取れる立場でないのならば、この大きなリスクをしっかりと受け止めて考えておく必要があります。

二人のリスク

既婚者の彼にも、既婚者と付き合う女性にも、両者のリスクとして考えられるのが「不倫という立場が原因で必ず揉める事になる」という事です。

それは離婚をして欲しいという女性の想いからかもしれませんし、会いたい時に会えないという不満からかもしれません。

不倫がばれた時や、両者が奥さんから慰謝料を請求された時かもしれません。

つまり最初から二人が揉めるであろう原因を抱えての交際というのは、何の障害もない恋人達にはない大きなリスクを背負わなければならないという事です。

私達は大丈夫、そんな風に考える二人にも必ず不倫が原因で揉める事があります。
いつか必ず揉める事がある、この事をお互いに頭に入れておかなければなりません。

おわりに

いかがでしたか。
二人で不倫のリスクをあらかじめ理解しておく事はとても大切な事です。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。