彼氏を自分だけに夢中にさせ、他の女性へと振り向かなせないには?

大好きな彼と両想いになることができ、晴れてお付き合いが始まった!
嬉しさでいっぱいですが、彼氏がモテる人気者の場合「もし、彼が他の女性に心変わりしてしまったらどうしよう・・」という心配な気持ちも同時にうまれてしまうのではないでしょうか?
付き合いが長くなっても彼氏の気持ちを自分だけに向けてもらうには、実はいくつかのコツがあるのです。
そのコツについて、具体的に解説していきます。

基本的に「いい気分」でいてもらう

基本的に、男性はプライドの高い生き物です。
特に好きな女性からは「すごい!」「カッコいい!」「あなたが一番!」と思われていたいという側面があります。
実はこれは不安や謙虚さの表れでもあり、ただ自分で自分を高く評価しているだけでは満足ができていない状態とも言えます。
告白して付き合うと、ついつい女性は「優しくしてもらい、尽くしてもらうこと」を考えてしまいがちですが、自分が優しくしてもらうためには男性を認め、評価し、いい気分になってもらうことで「こんないい子には優しくしなきゃ」と思ってもらう関係性が必要なのです。
そのためには彼氏をコンスタントに、具体的に褒め続けることが重要です。
ちょっと椅子を引いてもらった時でも「ありがと〜」ではなく「ありがとう、優しいんだね(にっこり)」と確実に感情を伝える。
仕事で疲れていそうなときは「大変だね〜」ではなく「頑張ってるんだけ、お疲れ様(にこり)」とねぎらう。
このことで「こんなに俺をちゃんと見てくれるなんて、愛おしい唯一無二の存在だ!」と感じてもらえ、他の女性との差別化ができるのです。

ただし、油断させない

彼をコンスタントに褒めると、彼はあなたを好きになりますが、同時に「この子は俺に夢中だから」という「油断」が生まれます。
そのため「ちょっと他の女の子に気が向いても、許してくれるかな」という甘えが生まれるリスクもあるのです。
そんなときには「手を抜くと、この子は俺から離れて行ってしまうかも」という危機感を持ってもらう必要があります。
敢えて男性の影をチラつかせる必要はないのですが、最低限恋愛に依存しているとは思われないことが大事です。
夢中になれる趣味や勉強、仕事があることをアピールすると、生き生きした未知のあなたの姿に彼は惚れ直し、なおかつ適度な緊張感と距離を保って恋のドキドキを維持することができるのです。

ピンチのときは、すがらず、健気に

それでも彼氏も男性なので、ついつい女友達と二人で飲みにいきたくなったり、彼女がいるのにこっそり合コンに参加してしまうということがあるかもしれません。
そのようなとき避けるべき行動は、我慢と激怒です。
100パーセント罪を許してしまうと彼はつけ上がり、再犯を犯すでしょう。
あなたのストレスも増えるばかりです。
反対に過度に彼を責め、暴言を吐いてしまうと今度は修復不可能な状態になってしまいます。
適切なのは「あなたがこういう行動に出て、本当に悲しい。でも好きなので、忘れられるように、許せるように努力したい」と涙をこらえ、辛そうに、でも健気に振る舞って見せることです。
彼はあなたを傷つけたことを反省し、うちひしがれながらも耐える姿に愛おしさを感じ、二度と他の女性に振り向くのはやめようと考えてくれるでしょう。

おわりに

いかがでしょうか?
男性の浮気は本能という考え方もありますが、人間は動物ではありません。
男性特有の情緒的な部分に訴えかけることで、彼が他の女性に惹かれるリスクは、最小限まで抑えることが可能です。
上手に彼の気持ちをとらえながら、女性もポジティブに楽しめるような幸せな恋愛ができるといいですね。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。