社内不倫を理由に解雇される!?クビになるかの線引きは?

不倫の中でも社内での不倫関係になってしまった場合、とても慎重にならなければいけません。

同じ会社での恋愛関係は、どうしても周りにばれやすい傾向にあります。

万が一、二人の関係が明るみに出てしまった場合、解雇になってしまうものなのでしょうか?

事実認定がカギ

多くの会社には規定書があり、どういった場合に解雇になるのかが記載されているものです。

規定書によると「会社の規律秩序を乱す行為」があったと認められた場合に、解雇という形の処分が下る場合が一般的なようです。

なので、もし不倫がばれてしまったとしても、会社には迷惑を掛けていないあくまでもプライベートな事だと本人が主張すれば、すぐに解雇という事にはなりにくいのです。

解雇される場合

では、どういった場合に解雇になる可能性が出てくるのでしょうか。

それは「会社の規律秩序を乱した」と判断された場合です。

つまり、不倫を知った当事者の家族が会社に毎日のように電話をしてくる、または会社にのりこんでくるなどといった、会社に迷惑が掛かるような問題が起きてしまった場合です。

他にも、取引先にも不倫の事がばれてしまい、信用を失うといったような、会社に利益の損失が発生する場合もあります。

男女のどちらが解雇される?

こういったトラブルにまで発展してしまった場合、男性と女性のどちらが解雇の対象になるのか。

はっきり言って、会社は利益を求めますので、会社の業績に影響力のある人材を残します。

つまり、男性を残し、女性を解雇するといったケースが残念ながらどうしても多くなってしまいます。

とは言っても、男性も会社に迷惑を掛けているので、そのまま何のお咎めも無しという訳にはいきません。

配置換えや左遷といった、何らかの処分を受ける場合が多いようです。

解雇されない場合

ですが、会社に具体的な迷惑を掛けたり、損失を与えたりといった事が無い場合は逃げ切る事も可能です。

それはどんなに問い詰められても「不倫はしていない、事実ではない」と言い張る事です。

会社に迷惑を掛けていなければ、それはプライベートな問題でしかないので不倫関係を認めさえしなければ、会社も処分ができないのです。

おわりに

社内不倫は万が一ばれてしまった時にとても厄介なものです。

それでも二人の関係を大切にしたいのなら、とにかくばれないよいに細心の注意を払う事が必要です。

また、ばれてしまった時の事も考えて覚悟をしておくという心構えも必要です。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。