社内不倫の中で起こるメリットと気を付けるべきデメリットとは?

「社内不倫」という言葉の響きだけで特別な恋をしていると思われがちですが、良いことばかりではなく、それなりのリスクもあります。
そこで社内不倫のメリットとデメリットをご紹介します。

連絡が取りやすいというメリットがある

不倫とはいえ、仕事場が恋愛の場である以上、彼と顔を合わせる時間はたくさんあります。

不倫の一番のネックは彼といかに連絡を取るかということですが、社内不倫なら比較的連絡が取りやすいので、デートの約束を取りつけることは簡単です。

同じ社内にいれば彼のスケジュールもわかるので、自分のスケジュールの調整もしやすいのが一番のメリットです。

スリルを味わえる

社内不倫のルールは彼の家族だけでなく、社内の誰にもバレないようにしなくてはならないことです。

バレてはならないと思えば思うほどスリルが味わえ、禁断の恋に彩りを与えてくれます。
社内でちょっとすれ違うだけでドキドキするのは社内不倫だからこその醍醐味です。

共通の話題がある

単なる不倫ではなく、社内不倫であれば共通の話題に事欠きません。
共通の話題がない状態での不倫だと、行き着くところは自分の知らない彼のプライベートの部分です。

それを話題にすることは二人の関係を悪化させる原因になりますが、社内不倫なら話題は彼の家庭以外にあります。

つまり、あなたの一番知りたくない彼のプライベートの部分と触れる機会が少ないのです。

社内にステキな別の男性がいても、堂々と恋愛に発展できないデメリットがある

特定の相手が社内にいると、他の独身の男性社員と親しげにしている様子を彼には見せたくないものです。
でもステキな男性と親しくしたいというのは、社内不倫をしている立場であっても女性なら当たり前のことです。

「不倫相手の彼だって、奥さんがいるのに私と付き合っているのなら、私だって別の男性と親しくする権利がある」と思っても、それが同じ職場の人間であればほぼ不可能です。

一番避けたいのは中途半端な状態のまま、新しい彼との関係をスタートさせることです。

もし新しい彼に心を奪われることがあったら、社内不倫の彼とはきれいに別れた上で新しい彼との関係を構築すべきです。
物事は始めることより終わらせることに多大なエネルギーを費やしますので、じっくり考えた上で行動しましょう。

いつもビクビクしてしまうというデメリットがある

社内不倫は絶対に隠したいものです。

ところが人は隠し事があると、些細なことに対しても疑心暗鬼になってしまいます。
その結果、いつも怯えてしまうという事態に陥り、心が休まることがありません。

それを防ぐためには、社内にいる時は彼のことを恋人と思わず、上司、あるいは同僚と割り切ることが大切です。

終わりに

メリット・デメリットを数え上げても人はどんな状況においても恋に落ちる時は落ちるものです。

でも社内不倫ならではの注意点だけは自覚して、デメリットをメリットに変えていく工夫をしていきましょう。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。