社内恋愛・職場恋愛の略奪愛を成功させる方法

同じ会社に勤務する既婚者の上司や先輩・後輩などと不倫関係になった場合、どうしても彼と一緒に

なりたいのならば、奥さんと別れてもらう以外方法はありませんが、不倫という立場の悪い条件の中でどうすれば彼を奪うことができるのかをアドバイスしますので、不倫で悩まれている方は参考にして下さい。

社内恋愛・職場恋愛の略奪愛を成功させる方法

離婚しやすいのは、子供がいない夫婦

離婚で一番の障害になるのは、不倫相手に子供がいる場合です。

以前は子供の親権問題でもめることは少なく、大抵の場合奥さんが子供を引き取り夫が養育費を支払っていましたが、現在では夫も積極的に育児に参加するイクメンと言う言葉が登場したことでもわかるように、離婚に同意しても共有財産を相手に渡したとしても、親権だけは渡したくないと裁判を起こしてまでも親権を守ろうとする男性が増えてきています。

男性側に養育する意思が無かった場合でも養育費を支払う義務が発生しますので、離婚して不倫関係だった恋人と結婚した場合でも、子供が18歳、もしくは成人するまでの養育費を支払わなければなりません。

なので子供がいない夫婦の方が離婚しやすいため、子供がまだいない男性と不倫をしている場合にはまずそこからせめていくようにし、最悪の場合には不倫相手合意の元で子供を作ると相手の奥さんも離婚に合意してもらいやすくなります。

日常生活から仕事に至るまで手助けする気持ちを見せる

不倫をする男性は奥さんとの夫婦生活に不満を感じ不倫をしているわけですので、奥さんの元から自分の元に引き寄せたい場合には「奥さんができない事をしてあげる」ことが一番です。

奥さんは家庭内での夫のことしか知りませんので、社内不倫の特性を活かすために彼の仕事内容や忙しさや大変さを理解していることを理解し、彼の仕事や私生活に対しグチをこぼさない、仕事面でのサポートや給与面でも自分なら判ってあげられるなど、彼を応援する姿勢を見せていくことが大切です。

社内不倫を成就させたいなら、不倫を匂わす言動がNG

男性は仕事を第一と考えている人が多いので、もし社内で不倫をしていることがバレてしまったら簡単に左遷されたり降格処分の対象になってしまうことを知っています。

いつまでも離婚してくれないことに業を煮やし、自分達の関係を密かに匂わせるようなことをするとたちまち警戒され、別れ話に発展してしまいます。

不倫関係の方の中には周囲公認になれば離婚して結婚してくれると安易に考える場合もありますが、将来の出世や立場を揺るがすような、ぶっちゃけ話をするような女性と結婚したいとは思いませので、関係を続け将来結婚したいなら絶対にバレないように行動しましょう。

おわりに

社内・職場不倫から結婚する場合では結婚する場合でも、しばらく時間がかかりますしどちらかが転職するなどの対策を立てる必要もありますが、性急に離婚を要求するのではなく、あくまでも貞淑な女性に徹し自分は不倫相手の味方だというスタンスを崩さぬように、長期戦を見据えたお付き合いをしていきましょう。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。