W不倫相手と結婚するためにしなければならないこと。

世の中不倫カップルというのは周囲に知られていないだけで、実は少なくありません。
その中には男女共に既婚者というW不倫のカップルもいるのです。

W不倫の場合、お互いが慎重に行動することと、割り切り感で付き合えるので長続きすることが多くなります。
どちらも既婚者ということで、多少親しくしてもある程度までは周囲から不審に思われる心配もありません。

しかしいざバレた時にはどのようなリスクがあるのか、晴れて結婚する為に何か回避策があるのかを考えていきましょう。

仕事を続けにくくなる

もしも会社に不倫をしていることがバレた場合、会社としてもお得意先などに知られてしまい、会社のイメージが損なわれることを懸念するでしょう。

社内不倫であった場合はまずどちらも会社にいられなくなると思いましょう。

男性のみ、女性のみ勤務していたとしても、既婚者と不倫をしていたというのは外聞が悪いものです。
運良く解雇を免れても、降格か転勤となる可能性が高くなります。

社内でW不倫になってしまった場合、どちらかが早めに転職を考えた方が良いでしょう。
専業主婦の場合でも、どこから情報が漏れるか分かりません。

結婚できたらを引越して、その後はママ友との噂話には一切関わらないようにすることです。

離婚をされて慰謝料を請求される

W不倫がバレた時には、どちらかと言うと男性の奥さんから女性に慰謝料を請求されることが多くなります。

男性は意外と奥さんが離婚させてくれない、ということもありますので、女性は離婚ができてもその後かなり長い期間待つ覚悟が必要です。

このようなことを避ける為に、バレた時には男性と距離を置き、奥さんとの離婚協議をなるべく円満に進めて貰いましょう。

あなたは自分の離婚成立の為だけに集中します。
また、慰謝料を請求された時の為に貯金を貯めておき、男性が離婚できるまで一人でも生活できるようにしておきましょう。

親戚から冷たくされる

W不倫だけではなく不倫をしていた場合には、男性側の親族から非難されても仕方ありません。

しかしただ冷たくされるだけではなく、無事に結婚できてもし夫の両親に資産があった場合、相続権をはく奪されてしまう可能性もあります。

夫婦において避けることのできない関係である親族に冷たくされること程辛いものはありませんね。

日頃から親戚付き合いはきちんとしておくことが大切です。
そしてもし結婚が決まったらすぐに挨拶に行き、少しでも信頼回復に努めることです。

終わりに

W不倫というのは不倫以上に女性の貞操観がないものと見なされる傾向があります。
無事二人が結婚できても略奪婚よりも良くないイメージがついてしまいます。
「割り切りだから手軽で安心」と思わずに、常にリスク管理をしておきましょう。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。