W不倫が始まるキッカケ

不倫はカップルのうち一人が既婚者である場合のみとは限りません。
中には双方が既婚者であるというW不倫を続けているカップルもいます。
もちろんお互い既婚者であることは承知の上ということです。
どのような経緯でW不倫が始まってしまうのか、そしてそんなW不倫の魅力と注意点について紹介します。

W不倫が始まるキッカケ

共通する既婚者の悩みを持っている場合

夫婦生活をしていると、何かしらの不満点というのは誰にもあるものです。

しかし普通の夫婦は、それは元々他人同士が一緒に生活したのだから仕方なく、我慢して努力するべきと考えるのです。

家庭に不満のある既婚者が外に出る機会が増えると、同じ様な不満を抱えている既婚者と巡り合う確率も高くなります。

最初はたわいのない会話からお互い悩みを抱えていることに感づき始めると、共有できる悩みを持っていることで急激に惹かれあってしまうのです。

恋愛経験がない人同士の場合

多くの恋愛を経験していれば、異性と出会っても過去の異性のデータにあるタイプに当てはめることができます。
しかし若くしてノリで結婚した、お見合い結婚をしたという人は、恋愛経験が絶対的に不足しています。

その為に自分の配偶者とは全く違ったタイプの人との接することで、今までにない刺激を感じてしまうのです。

その刺激が恋愛感情のドキドキ感に変わり、相手に好意を寄せるようになることでW不倫へと向かうのでしょう。

W不倫のメリット・デメリット

W不倫を続けるのは、その状態だからこそのメリットがあるはずですね。
W不倫のメリットと、覚悟しておくべきデメリットは以下の通りです。

W不倫のメリット

お互い自分の配偶者に嘘をついて外で恋愛を楽しんでいるのですから、罪悪感が伴うものです。
不倫関係をした時には特に配偶者に対して優しく接しようと努力します。

それにより、お互いの家庭が円満な様に見えるので、周囲からはバレにくくなります。
どちらかが独身の場合に比べて「配偶者と離婚して欲しい」と詰め寄られることもなく、努力次第では一生もので続けることも可能なのです。

W不倫のデメリット

どちらも家庭があることから、デートの都合が合わなかったり、急にキャンセルすることが多くなります。

自分だけではなく、家族に何かあった場合には家庭を優先しないと後から問い詰められることになりますので、どうしても家庭を優先せざるおえません。

また、お互いの配偶者の人間関係もどこで繋がっているか分かりませんので、一緒に過ごす時間や場所には特に気を遣うことになります。

終わりに

W不倫では余程運命の歯車が合わないと、離婚して再婚するということはできません。

不倫をする場合には覚悟が必要、と良く言われるのですが、W不倫をしている人こそ最初から「将来的な見通しはないもの」と相当な覚悟を決めてしていると言えるのです。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。