ホテル代の負担をしない不倫男の建前と本心とは?

不倫相手とする時には、ホテルに行くのが一般的です。
お互いの部屋を行き来するとバレる可能性が高くなりますし、何もかも忘れて二人だけの世界に没頭することができますよね。

しかし中には不倫の関係で、ホテル代を負担しない男性もいます。
全額女性が負担、或いは割り勘ということになるのですが、するだけしておいて何故なのでしょうか。

男性はテクニックで充分だと思っている

建前上は「さっきの食事は驕りだから」と取り繕いながら、ホテル代を支払おうとしない男性がいます。

確かに食事とホテル代が同じ位の時もありますが、女性としては食事を割り勘にしても、行為はやはり男性にエスコートされたいものですよね。

実は男性の本音としては、自分のHのテクニックに自信があり、それで充分代償は支払っていると思っているのです。

あなたが不倫の関係にあるのは自分のお陰だから、ホテル代はあなたが払って当然、と考えています。

このような男性には、先に食事の時に「ここは割り勘にしておきましょう」と言っておくことです。
「後のお楽しみは任せるから」と釘を刺しておくと良いでしょう。

単に便利な存在だと思っている

建前上は、「今1万円札しかないから払っておいて」と言うだけで、後から支払う様子はありません。
普通ホテルならばお釣りを用意しているはずですので、これは不自然な言い訳ですね。

本音はズバリ、あなたがお金を持っていると最初から分かっているので、都合良く驕って貰って良い思いをしようという訳です。

このような男性は長く不倫を続けてしまうと「ヒモ」状態になってきます。
ホテルに入る際に「今日は持ち合わせがないけど、どうする?」と言うか、「1万円札で払えるか聞いてみるから」と先手を打つと良いでしょう。

他に女性がいるのでお金がない

建前上は、「やっぱり他の女性より断然魅力的だな」とあなたを良い気分にしておき、「誰かに見られたらマズイから先に帰るね」と言ってさっさと先にホテルを出て行ってしまう男性もいます。

しかしこの本音は、既婚者で自由にお小遣いが使えなかったり、他にも遊んでいる女性がいる場合が多いだけです。

お金がないのにホテルで良い思いをしようと思うのは間違っていますよね。
「私の友人の不倫相手はホテル代も払わないんだって、ありえないよね。

普通お金がなければホテルなんか行かないものだよね」と話してみましょう。
彼があなた以外の女性にも同じことをしているのなら、ドキリとするところがあります。

終わりに

もし彼があなたのことを本当に好きなのなら、何をしてでもホテル代を工面してくるでしょう。
不倫だからと後ろめたさから渋々支払っていると、都合の良い女として利用されてしまうだけですよ。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。