不倫中でも絶対に結婚指輪を外さない男性の本心

既婚男性が不倫をしている時、結婚指輪を外す男性と外さない男性に別れますよね。
既婚男性が指輪を外すのと外さないとでは本音はどう違うのでしょうか?
既婚男性の本音と建前について考えていきたいと思います。

不倫相手の女性の気持ちを考えて指輪を外しているだけ

結婚指輪を彼がはめているのは嫌、そう考える女性が多い事から、女性の気持ちを考えてあえて指輪を外している男性がいます。

この場合建前上指輪を外しているだけなので、男性自身は指輪のあるなしには興味が無い事が大半です。
女性の事を思い合っての行動なだけなのです。

指輪そのものに意味合いをあまり感じていないタイプの男性が多く、指輪をしていようがしていまいが、指輪そのものに不倫の罪悪感を感じるような事もありません。

正直指輪なんて関係ないというのが本音です。

オンとオフの切り替えをしている

指輪をしてる時は既婚者という立場、指輪を外している時は自分はフリーという風にオンとオフの切り替えをしています。

このタイプの男性は上手く切り替えをして両方を充実させようとする計算高い一面がありますが、指輪の意味も重く受け止めている部分もあります。

その為指輪をしたままではどうしても既婚者であるという罪悪感を感じてしまうので、不倫相手の前では指輪を外し奥さんの前では指輪をする事で自分を正当化したいというのが本音です。
指輪が一種のスイッチのように感じているのです。
指輪をしている時の男性のプライベートには踏み込まないのが無難です。

自分は既婚者であるという自覚を残している

どんな時でも結婚指輪を外さない男性は、自分は既婚者であるという自覚を残している証拠です。
既婚者という立場を捨てるつもりもなければ、不倫をする時も既婚者として正々堂々と不倫をしたいと思っているのです。

このタイプの男性は本気と遊びを切り替えて考えている為、奥さんとの離婚も考えていませんし、不倫はあくまでも遊びという考えが本音です。

女性側が外してと言っても外さないようであれば、完全に既婚者という立場を捨てる気はないと考え、本気になるのはやめておきましょう。

反対に不倫相手として上手に付き合っていくのであれば、このタイプの男性の方が不倫がバレずに上手く付き合っていく事が可能です。

おわりに

いかがでしたか?
既婚男性が指輪を外す理由、外さない理由にもいろいろありますが、外す外さないで安易に本気か遊びか判断してしまわないように気を付けましょう。

Hana
不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。