不倫が本気の恋になり、将来の結婚を考えた時にやるべきこと

最初は刺激をもとめるだけの関係だった不倫も、やがては相手が大切な存在へと変わって結婚を考えるようになるということも不倫には多くあると思います。
不倫関係だったからこそ包み隠さず自分をさらけ出すことができる相手として、心許せる存在になるのは自然な事です。
では、お互いが大切な存在になり結婚を考える場合、どのような事を考えておくべきかを紹介したいと思います。

自分が未婚の場合は、大人しく不倫相手からの連絡を待つことが大切

不倫相手の彼が既婚者ということは、彼の奥さんとの離婚の手続きが必要になります。

その際、もし離婚の理由を不倫だと正直にいってしまうと慰謝料が発生しています。
それは不倫相手の彼もあなたにとっても避けるべきことだと思います。

そうなると、彼が奥さんに対して別の理由で離婚することを話すことになります。
理由はどうあれ離婚というものは話し合いにも時間がかかりとても大変なものになります。

その間は、たとえ会いたくなったり連絡したくなっても自分からは連絡はせずに待つことが重要です。
へたに動くことによって不倫がばれてしまうと一層彼の離婚が難しくなる原因にもなります。不安で辛いとは思いますが、ただひたすら彼が離婚し連絡がくるまで耐え忍ぶことが重要です。

自分が既婚の場合は、不倫をひた隠しにして離婚しましょう

不倫相手と結婚するためには、まずは自分自身も夫と離婚する必要があります。
その際、離婚理由が不倫とばれてしまうと不倫相手にも自分にも慰謝料を請求されてしまいます。
もちろん、不倫相手の奥さんからも慰謝料を請求されてしまうため、それはできるだけ避けたい事です。

その為、不倫という理由を絶対ばれないよう注意し離婚をすることが重要です。
「性格の不一致で一緒にいるのが辛い」とか「別に好きな人ができた(あくまでも片想い)」といった理由もよいと思います。

あっさり離婚できることもありますが、もちろん夫は離婚は避けるべく再構築を望む場合もあります。
その時は、どうしても一緒にいられないということを強く伝えることで、夫を納得させることがとても大切になります。

不倫していたと正直に告白して離婚する場合は覚悟が必要

自分が未婚・既婚の場合でも不倫をしていた事を告白する場合は、それなりの覚悟は必要になります。
自分が未婚の場合は、不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されるでしょう。
自分が既婚の場合は自分の夫と不倫相手の彼の奥さんの両方から慰謝料を請求されます。

また仕事に就いている場合は、会社に不倫をばらされ最悪退職も考えられます。
もちろん自分自身の両親にも迷惑をかけることになります。

その為、精神的にも金銭的にも多大なダメージを受けるのは避けられないと思います。
それでも不倫という事実を告白して離婚し、不倫相手と結婚をしたいというのならばその気持ちを貫いてそれそう相応の覚悟が必要になります。

終わりに

不倫というは世間一般的に許される行為ではありません。
ですが、不倫相手がこの先ずっと添い遂げたい相手になることも十分にありえることです。
その時の相手に対する愛情が本物だと確信があるのなら、その思いを貫くことも素敵な事だと思います。

後は、不倫相手も自分自身の色んな人達へ極力迷惑のかからない方法を選ぶことが大切だと言えます。
その時だけの勢いだけではなく、しっかり先を見据えて本当の愛を大切にすることが重要になります。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。