不倫を続けるためにも携帯には要注意!

お互いに配偶者(夫や妻)がいるW不倫や、相手が未婚で自分が既婚者の場合などの不倫関係では、不倫関係が相手の妻や夫にバレてしまうことで最大の危機が訪れますが、この危機が起こる原因で多いのが、長年の不倫関係に業を煮やした相手が不倫相手に手紙や写真・電話などでの関係の暴露ですが、一番多いのが、配偶者に携帯電話をチェックされる場合です。

思い当たる原因があっての携帯チェックだとは思いますが、不倫をするには携帯電話は便利ですが、便利な分最大の破滅への原因になっていきます。

では、不倫関係を継続させるためには、携帯電話をどのように扱えば良いのでしょうか?

いきなり携帯にロックをかけない

今まで携帯電話を持ち歩くのも忘れていたくせに、いきなり携帯のロックをかけるようになったり、トイレやお風呂にまで携帯電話を持ち歩くようになった場合、かなりの確率で浮気を疑われるきっかけになります。

ロックをすれば安心と思うかもしれませんが、世の中には携帯電話のロックを解除できるパソコンソフトが3千円程度で販売されていますので、注意しましょう。

見れないようにされると、人はますます疑いを強めていき、どうにかして携帯の中身を盗み見しようという気持ちになっていきますので、多少の勇気は必要ですが、ロックもかけずに今まで通り携帯を放置するようにしましょう。

不倫相手の着信やメールは必ず削除する

不倫関係になった当初はバレないように着信履歴やメールも削除していますが、慣れとは怖いものでついつい削除し忘れてしまった時に、携帯を見られてしまうと疑惑は確信へと変わってしまいます。

他にもめんどくさくなってしまい、来たメール全部を消してしまうかもしれませんが、これでは削除する意味がありません。不倫相手から来たメールや着信履歴のみを消すようにしましょう。

どうしても連絡する必要がある場合には、番号やメルアドを控えておくか、暗記しておく、別名で登録しておくくらいの慎重さが必要です。

なお、削除されたメールを読むことができる方法(auメールなど)では、メールのヘッダ情報で確認できるサービスを行っています。これには契約時に設定した暗証番号が必要ですので、暗証番号はむやみに教えないようにしましょう。

一番いいのは、不倫相手専用の携帯を持つこと

最近の携帯には必ず付いているカメラ機能や動画機能で、不倫相手との楽しい写真や動画をついつい撮ってしまったり、普通の恋人同士のようにメールでのやり取りをすると、どうしても不倫の証拠が残ってしまいます。

不倫がバレた後、相手の奥さんが不倫の意志を固め、離婚理由である不倫の事実を固める証拠探しにうってつけなのが、携帯電話内のメールデータや写真です。

相手の奥さんに見つからずに不倫を続けたい場合に、一番うってつけなのは、お互いに連絡用の携帯電話を持つことが一番です。出費はかかりますが、いつ不倫がバレるのかという不安からも多少解放されます。

ただし、自宅内に持ち込むと配偶者んい見つかる確率が高くなりますので、なるべく持ち込まないようにしましょう。

おわりに

自分ではバレていないと思っていることでも、トイレにこもってメールや電話をしていたり、コンビニへ行くと言っていたのにいつまでも帰ってこないなど、不審な行動が続いた場合には、必ず携帯電話をチェックしたくなります。

好きだからこそ、普通の恋人同士のようにメールや電話のやり取りをしたいかもしれませんが、不用意な連絡がお互いの不倫をバラし合う事にもつながりますので、バレないためにはお互い話し合って、しっかりと対策を立てておいた方が良いのかもしれませんね。

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

Hana

不倫で悩んだ経験を活かし、不倫について書き綴ります。不倫で苦しんでいる人、幸せになりたいと願っている人の力になれれば幸いです。